So-net無料ブログ作成

花蓮文化創意産業園區 [2019台湾東部の旅]

2019年1月4日(木) 午前10時50分 花蓮

花蓮文化創意産業園區①
花蓮文化創意産業園區

ワンタンを食した「液香扁食店」の程近くに、「花蓮文化創意産業園區」というところがある。
日本統治時代に酒工場として設立された建物をリノベーションした施設である。
現在ではその建物にレストランやお土産屋さんなどが入っているという。
台湾にはちょいちょいこういうところがある。取り壊したりしないでうまく利用しているのである。
「花蓮文化創意産業園區」にも、ちょっと行ってみることにした。

花蓮文化創意産業園區②

敷地は結構広い。
1月といえども少々暑いので、まずはベンチに腰掛けた。
そのまましばらくボーッと建物に取り囲まれた中庭を眺めていた。
観光客の姿は少なく、地元の人がのんびりと散歩に訪れているような感じである。
花蓮を出発するのは午後3時であり、まだ4時間程あるが、他の場所も取材するとなると慌ただしい。
もうこの酒工場跡でゆっくりしていればいいや。

花蓮文化創意産業園區③

王冠

しばらくベンチに腰掛けた後、お土産屋さんに入ってみることにした。
ぱっと見た感じ、お土産屋さんが入る建物が2棟あったが、そのそれぞれに入ってみた。
まずは第6棟「生活製品概念館」というところへ。
お菓子や石けんや招き猫グッズのようなものを売る店舗が入っていたが、私はここで石を購入した。

排水溝
排水溝の蓋もこんな感じ。「紅露酒」の左に「反共」の文字があることに注目

石…。
花蓮は大理石などで有名なところであるから、石を購入するのは別に変なことではない。
私が購入したのは玫瑰石の原石。
玫瑰石はバラ輝石とも呼ばれ、その名の通りバラ色をしている石である。
やはり花蓮でよく取れる石であるということだ。
石を扱うお店の一画に、「このカゴの中の玫瑰石はどれでも1個300元」というところがあった。
そこから気になる形状の石を見つけだして購入したのである。

石
これが買った玫瑰石(直径約6センチ)

このように、この玫瑰石はちっともバラ色をしていないのである。
他の石は割とまだちゃんとバラ色をしていたのであるが。
でも、なんだかこの石、おせんべいみたいじゃないですか。
一目見て気に入ってしまったのだった。買わないと後悔するような気がした…。
これをおずおずとレジに持って行き、300元を払った(1000円ほど)…。

キーホルダー
カエルのキーホルダー

第6棟の隣、第7棟もお土産屋さんとなっている。「事事創藝空間」というらしい。
ここはメイド・イン・台湾の様々な雑貨が売られているような感じである。
ここではカエルを捕獲。カエルのキーホルダーで320元である。
別にこのキーホルダーを使用するつもりはないが、旅の序盤でカエルを捕獲することができて満足である。

蒸留器など
蒸留器など

太鼓
太鼓。工場の運動会で使用したらしい

樽
酒樽がずらり

酒工場時代に使われていた道具類を展示する建物もある。
1913年創業の工場だが、日本統治時代終了後も1980年代まで稼働していたようである。
敷地内にはその名残がいろんなところに見られるはずである。
建築に詳しくないので、細かな指摘をすることができず残念だが、なかなか魅力的な空間であった。
台湾を訪れる楽しみというのは、こういうちょっとレトロな空気に触れられるところにもあるだろう。
時刻は午後1時。ぼちぼち花蓮駅方面に戻っていくことにした。

花蓮文化創意産業園區④
nice!(101)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

花蓮の朝食 [2019台湾東部の旅]

2019年1月4日(木) 午前9時13分 花蓮駅

花蓮駅前
花蓮駅前

花蓮に到着して1日目が終了したところで、数週間更新をサボってしまったが、今回から2日目である…。
今日は午後に台東に列車で移動する予定であるが、座席に座れなかったりするのは嫌である。
というわけで、まずは宿から駅へ向かい、乗車するつもりの列車の乗車券を購入してしまうことにした。
自動券売機を操作して、午後3時1分発の太魯閣号の乗車券を購入(343元)。これで一安心である。
タッチパネル式の券売機を操作して購入したのだが、押しボタン式の券売機もある。
私が子供の頃は日本でもこういう押しボタン式の券売機だったが、最近はあまり見なくなった。

ボタン式の券売機
ボタン式の券売機

宿はもうチェックアウトして、荷物をフロントに預かってもらい、花蓮の町歩き開始である。
時刻は午前9時半。列車が出る時間までは町歩き。
まずは朝食を食べることにした。
昨晩も夜市に向かうために歩いた中山路をひたすらまっすぐ歩いて行き、繁華街に出た。
相変わらず歩きである。バスを使うことができれば楽だし、時間も短縮となるのだろうが…。

中山路
中山路

この辺りに「公正包子店」という肉まんの有名店がある。
ここで朝食をとることにした。
しかし、どのようにオーダーしたら良いのであろうか。
しばらく外で様子を見ていたのだが、店内での食事とテイクアウトとで列が分かれているようだ。
店内には空席があったので、とりあえず店内に入り座ってみた。
その直後、困った事態が発生したのである!

公正包子店
公正包子店

まだ何もオーダーしていないのに、私のテーブルにせいろに入った水餃子がドンと置かれていった。
店員さんはとても忙しそうで絶えず動き回っている。
私は声をかける機会を逸してしまった。そもそも何と声をかければわかってもらえる?
私はこの店はどのようなシステムであるのかしばらく考え込んでしまった。
着席すると、有無を言わさず食品が提供される方式なのであろうか?わんこそば方式か?
悩んでいる間に水餃子は冷めてしまう…。

水餃子
出てきた水餃子(手をつけた後で撮影…)

しかも、箸もタレも出てこない…。
店内を観察すると、壁際に箸とタレが準備された一画があった。セルフサービスのようである。
とりあえず箸とタレを自分で準備してきて、冷めてしまうのもいやなので水餃子に手をつけた。
たぶん美味しいのだろうが、それどころではない。なぜオーダーしていない水餃子が出てきたのか。
抗議をするタイミングを逸してしまい、私はその水餃子に手をつけている…。
私は悩みながらも完食してしまった…。さて、どうする?

花蓮で
花蓮で

このまま食い逃げ…。
店員さんは皆忙しそうで、まあ食い逃げしてもバレそうにない。
しかし、それはさすがに良心が咎めるのである。
じゃあ、あれだ…。チップを置いていこう…。
店内に掲げられたメニューを見る。
どれも安い。50元(170円くらい)置いていけば十分すぎると思われた。
私はそこがパリのカフェであるかのように50元硬貨をテーブルに置き、冷や汗をかきながら店を出た。

液香扁食店
液香扁食店

この様(ざま)はいったい何なのだ…。これが朝食というのではなんともすっきりしないではないか。
私はワンタンで有名な「液香扁食店」というところに入って、食べなおすことにしたのである。
ここのメニューはワンタンのみだから迷うことはない。
店に入るとレジが有り、ここで前払いして、レシートを受け取る。
ここはどうやら、ワンタン提供時にそのレシートと引き替えるというシステムのようであった。
セロリの味がうっすら効いたスープは、セロリが苦手な私にも何ら問題はなく美味しくいただけた。
食べ終わる頃には体がポカポカになり、うっすらと冷や汗でない汗をかいて私は店を出たのだった…。

ワンタン
ワンタン
nice!(101)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます