So-net無料ブログ作成

台湾到着 [2019台湾東部の旅]

2019年1月3日(木) 午前11時59分 成田空港

成田空港

だいぶ暇な時間を過したが、ようやくフライトが近づいてきた。
LCCということもあり、搭乗口からバスで飛行機の近くまで行き、タラップを上って機内へ入る。
とても風が強かった。一刻も早く機内に入りたかった…。
フライトであるが、LCCであるから、機内食もなければ、機内エンターテインメントもない。
まあ、4時間ほどのフライト時間であるから我慢はできる。
しかし、入国書類を記入するための筆記具も100円で販売しているのは徹底している。
筆記具なんて、入国前のエリアに置いてあってそこで記入できるのに。買う人はいるのだろうか…。

バニラエア
JW103便

台湾桃園国際空港第1ターミナルにはほぼ定刻に到着。預けていたスーツケースもすぐに出てきた。
他の乗客に先駆けて荷物が出てきた優越感に浸りながら、まずは台北駅に移動をする。
以前は台湾桃園国際空港から台北駅への移動にバスを利用したけれども、今はMRTができた。
この桃園空港と台北駅を結ぶMRT(Mass Rapid Transit)は延期に次ぐ延期でなかなか開業しなかった。
それが2017年、ついに開業していたのだった。
MRTは15分に1本の割合で運行していて、快速に乗れば約35分で台北駅に到着。
これは時間が読めて嬉しい。ということで私はMRTの乗り場へ…。

桃園空港
桃園空港到着

さて、台湾旅行の際に所持していた方がよい悠遊卡(ヨウヨウカー)というものがある。
これはチャージ式のICカードで日本のSuicaやPasmoみたいなカードなのである。
私は、以前台湾を旅した際にこの悠遊卡を手に入れていた。
しかし、これは最終チャージから2年経つと使用できなくなるもので、もう使用できなくなっている。
というわけで、私は再び悠遊卡を手に入れておく必要があった。

悠遊卡はどこで売っているのか知らん。とMRTの乗り場に着くと、普通に駅窓口で売っていた。
駅員さんも日本語で説明してくれる。カード自体の金額は100元。これに400元をチャージしてもらう。
「このカードは20年間使えます」とのことである。
どうやら悠遊卡の2年という有効期限のしばりは廃止されたようである。
それにしても20年…。私は○○歳になってしまっていますよ…。

MRTのホーム
MRTのホーム

さっそくこの悠遊卡を利用してMRTの駅構内へ。台北駅までは150元。
車内の座席は埋まっていて座れなかった…。扉の脇に立ち、車窓からの景色を眺める。
なんだかシャルル・ド・ゴール空港からRERのB線に乗ってパリ中心部に移動する感覚を思い出した。

台北駅到着
台北駅到着

台北駅には午後5時半過ぎに到着。地下道をしばらく歩いて駅中央の大きな吹き抜けへ。
これから台北駅から花蓮駅へ列車で移動するわけだが、実は乗車券は既に予約をしている。
渡航前にインターネットで予約をしていた。
予約をしなくても乗車できるのかもしれないが、席をちゃんと確保して安心をしておきたかったのだ。
予約完了の紙を持参し窓口へ向かった。
窓口の職員はまだ若い女性だったが、こちらも日本語で応対してくれて乗車券と引き替えてくれた。

台北駅
台北駅

花蓮へは台北駅を午後6時30分に出発する普悠瑪号で移動をする。花蓮駅到着は午後8時32分の予定。
計画段階では、この列車で台東まで一気に行ってしまおうかとも考えたが、台東駅到着は午後10時32分。
台東駅は市内中心部から離れていることもあり、これではいかにも時間が遅すぎる。
まあ初日は花蓮までで勘弁してやろうということになったのだった。
腹が減ってきた。車内で弁当を食べようと「臺鐵便當本舗 2號店」で80元の弁当を購入。
あとは台湾ビール。これをコンビニで調達し(35元)、4Aのホームへ向かった。

臺鐵便當本舗
臺鐵便當本舗
nice!(94)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

台湾東海岸の旅 [2019台湾東部の旅]

2019年1月3日(木) 午前9時13分 成田空港 第3ターミナル

時刻表
時刻表

さて、今回の旅であるが、行き先は台湾である。
台湾は何度か行ったところであるし、2011年には鉄道で台湾を一周してもいる。
ただ、その台湾一周の際、台湾東海岸が駆け足になってしまったことに悔いが残っていた。
台湾東海岸は西海岸に比べると、高速鉄道もなく、アクセスしづらいところがある。
書店で台湾のガイドブックを見ても、東海岸についての記述が一切なかったりするものがある…。

今回はそんな台湾東海岸をのんびりと旅してみようということなのである。
この名所を見てみよう!みたいな計画も特にない。
朝早くから町歩きをするような気合いもない。眠いときは眠る。
食事は屋台で売られているものを適当に食べ歩く。宿の部屋でカップ麺でもいい。
そのくらいの意気込みである。
宿については、渡航前に予約はしておいたけれども。

旅程はざっとこのような感じとなった。
のんびりと行っている割には、相変わらず移動ばかりであるのに我ながらあきれてしまう。
1月3日(木) 成田 → 台北 → 花蓮
1月4日(金) 花蓮 → 台東
1月5日(土) 台東 → 宜蘭 → 礁渓温泉
1月6日(日) 礁渓温泉 → 平渓線 → 台北
1月7日(月) 台北 → 成田

第3ターミナル
成田空港第3ターミナル

搭乗したのはバニラエア。JW103便である。バニラエアの利用は初めてである。
バニラエアが使用しているターミナルは成田第3ターミナル。これも私は初めてのところであった。
JW103便は午後0時40分成田発であるが、私は午前9時過ぎには第3ターミナルに到着してしまった…。
今回は所沢駅東口を午前7時に出発する成田空港行きのリムジンバスを利用し空港に向かった。
時刻表では午前9時55分に第3ターミナルに到着することになっているが、だいぶ早い到着となった。

もっと遅い時間のバスに乗ればいいのではないか?と思われるかもしれない。
しかし、この次に所沢を出る成田行のバスでは第3ターミナル到着は午後2時25分。
これに乗ってしまっては渡航できずに終了である…。
もちろん、無理矢理バスを使うこともない。電車で行けば適当な時間に空港に到着できる。
でも、正月休みの怠けきった身に、電車は乗り換えしたりなんだかんだでかったるいのであった…。
そんなわけで私は第3ターミナルで時間を持て余した…。

早く到着しすぎてしまい、カウンターでも搭乗手続きが始まる様子がない。
第3ターミナルには大きなフードコートがあったが、何か食べようにもスーツケースがじゃまである。
スーツケースを引きずったまま、フードコートでトレーを持って動くのは至難の業である。
コインロッカーを利用し手ぶらになればいいかもしれないが、そのために銭を徴収されるのが悔しい。
結局、チェックイン開始時刻まで右往左往。フードコートでの食事もお預け。
私は早くも疲れてしまった…。このあたりひとり旅のつらいところである…。

チェックインが開始され、ようやくスーツケースを預けると、私はフードコートでうどんを調達。
席を探すがその頃はお昼近くであり、席はかなり埋まっていた。
ようやく若者の集団の脇にひとつ空席を見つけ、せわしなくうどんを啜ったのであった…。
出国については「顔認証システム」である。
パスポートの顔写真ページを機械が読み取り、実際の顔面と照合。同一人物と判定されればゲートが開く。
昨年11月の「記事を連載する気が失せた旅」でも私は「顔認証システム」を経験済みである。
「顔認証システム」ではパスポートにスタンプを押してもらえない。
審査官にお願いすればスタンプを押してもらえるので、これを押してもらい出国。フライトを待った。
第3ターミナルはLCC専用のターミナルということで、やはりなんだか寂しいところだったなあ…。

ビール
ようやく飲んでます
nice!(99)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

2019 謹賀新年 [旅]

帰国しました
↑行ってきたところ

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
本日帰国しました。また、今年もよろしくお願い申し上げます。
nice!(55)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます