So-net無料ブログ作成

ついにカエル捕獲! [2018パリの旅]

2018年5月6日(日) 午後0時01分 パリ サン=ミッシェル駅

メトロで移動
メトロに乗って移動…

クリニャンクールでカエルを見つけることが出来なかった私…。
メトロに乗ってカルチェラタンへと移動をした。
この辺りには名画座がいくつかあり、その内のひとつでこの旅3本目の映画を観るためである。
もう帰国の時まであまり時間はないけれど、カエルの捕獲についてはどうでもいいのか?
いや。どうでもよくない。映画を観る前にカエルを捕獲するつもりでいる。
実はこの界隈で蚤の市があるとの情報を事前に得ていたので、これをあてにしていたのである。

出店
カルチェラタン界隈。食べ物の出店が並ぶ

地下鉄駅構内から地上に出てくると、確かにいろいろ出店があった。
日曜日ということもあり、ちょっとしたお祭りのような雰囲気である。
これらは食べ物を売っている店が主で、パンやら菓子類やらチーズやらを売っていた。
それらの店を見ながら通りを歩いていると、次第に蚤の市の光景が見えてきた。
とてもいい感じである。私がイメージする蚤の市の光景そのままであった。

蚤の市①
次第に蚤の市の風景へ

よくガイドブックには「パリ三大蚤の市」みたいなことが載っていたりする。
「クリニャンクール」、「ヴァンヴ」、「モントルイユ」がその「パリ三大蚤の市」である。
しかし、パリにはこの3つしか蚤の市がない!ということではないのである。当たり前である。
「パリ三大蚤の市」以外にも、パリでは毎週どこかで蚤の市が開催されている。
今週はこのカルチェラタン界隈で開催されていたというわけだ。

こういう蚤の市について、"vide-greniers"という呼びかたをよくするらしい。
"vide"は「空の(からの)」という形容詞、"greniers"は「屋根裏部屋」という名詞である。
ということは、「屋根裏部屋を空にするべく不要なモノを売りますよ」というようなニュアンスか。
いいじゃないか。パリの屋根裏部屋で生息していたカエルがひょっこり現れそうな気配大である。
業者ではなく一般の人が店を出している感じもして(実際はわからないが)、なかなか興味深い。

蚤の市②
楽しすぎる!

私が目星をつけていた映画の上映時間まではまだ時間があったので、それまではカエル探しである。
出店の数も多く、ひとつひとつのお店を丹念に見ていったら、絶対おもしろいモノが見つかるだろう。
ここにいればいくらでも時間がつぶせそうであった。
そして、私はついにカエルと出会ったのである。

カエルがいる!
カエルがいる!(店主の方。画像NGでしたら削除します…)

そのカエルは、正直かわいいとは言えなかった。全身が不気味な青で、造形もきわめて稚拙である。
しかし、造形がいくら稚拙でも、カエルであることははっきりとわかる。
これはカエルという生物の偉大なところのひとつであると私は思う。
稚拙なカエルだが、いかんせんもう時間がない。私はこのカエルを捕獲することに決めた。

真ん中にいるのは
真ん中にいるのは…(店主の方。画像NGでしたら削除します…)

店主のおっさんにカエルに触ってもいいかどうか確認をし、全身を隈無くチェック。
特にキズもない。値段を訊けば15ユーロだという。2000円弱である。それは高いだろう。
まけてくれとお願いしたら12ユーロになった。1500円ちょっとか。まだ高い。
すると、店主の知り合いと思われるマダムが偶然通りかかった。
このカエルを目にし、「いいカエルだわ。12ユーロなら買いね」みたいなことを真顔で言っている。
え?と思いながら、買い物下手の私はそれ以上値段交渉をすることもなくカエル捕獲…。
こうして、パリの屋根裏部屋で眠っていたかもしれないカエルは、今、私の部屋にいるのである…。

パリで捕獲したカエル
パリで捕獲したカエル
nice!(93)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

nice! 93

コメント 7

marimo

無事カエルゲットおめでとうございます。kaeru
by marimo (2018-10-28 09:52) 

coco030705

このカエルさん、確かにりんこうさんのおっしゃるとおりかもしれませんが、お顔がかわいいからいいのでは?1500円くらいでゲットできたら、まずまずかも。

by coco030705 (2018-10-28 18:39) 

TaekoLovesParis

つ・い・に、やりましたねー。青のカエル、造形がシンプルでいいですね。目がかわいいし。何より、パリの蚤の市で購入という時代もの?なのがいいです。
一枚目のメトロの写真、駅の天井と電車が合っていて、すてきです。
by TaekoLovesParis (2018-10-29 10:46) 

ニッキー

カエル、GETおめでとうございます^^
鮮やかなブルーのカエル、表情が可愛いですねぇ(^O^)
¥1500は微妙に高い気もしますが、
通りがかりの店主知り合いのマダムに言われると
それ以上の値切りは難しいですよねぇ^^;
by ニッキー (2018-10-29 11:41) 

らしゅえいむ

お値段は、ひとそれぞれの価値観で決まりますのでね。
でも、
このマダム、日本でいうところの、サクラ的存在かも・・。
とても、よいカエルさんです。いくらなら、
譲っていただけますか?
by らしゅえいむ (2018-10-29 21:15) 

テリー

カエルさん、シンプルだし、色は、ユニーク、1500円なら、いい買い物でしょう。
by テリー (2018-11-02 11:02) 

りんこう

marimo さん、こんにちは!
ありがとうございます。
これからも世界のカエルを捕獲していく所存です(笑)。

coco030705 さん、こんにちは!
色が青というのが、どうにも解せないのですが…。
どういう意図で作成したものなんでしょうかね…。

Taeko さん、こんにちは!
見た感じそんなに古そうではないんですよね。実際はわかりませんが。
でも、蚤の市で買い物をする楽しさは満喫できましたよ。

ニッキーさん、こんにちは!
買い物上手の方はもっと値切るんでしょうけれど、僕はどうも苦手で。
まあ、ある程度やりとりは出来たし、フランス語を勉強した甲斐はありました。

らしゅえいむさん、こんにちは!
確かに、この文章を読むと「サクラ」を連想されるかもしれませんね。
でも、そういう感じではなかったんですよ。
かわいくないとか言っていますが、譲るのはちょっと抵抗があります(笑)。

テリーさん、こんにちは!
ありがとうございます。でもやっぱり高いなあ1500円では。
まあ、いい想い出になりましたからよしとします。
by りんこう (2018-11-03 12:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます