So-net無料ブログ作成

パテ・ジェローム・セドゥ財団 [2018パリの旅]

2018年5月5日(土) 午後1時17分 パリ イタリア広場

イタリア広場
イタリア広場

メトロに乗ってPlace d'Italie駅(イタリア広場駅)までやって来た。
いつだったか、このイタリア広場近辺のホテルに泊まったことがある。
確か、バルセロナから夜行列車に乗ってパリに着いた後、この辺りに来たのだと思う。
そういうこともあって、地図も確認せずにわかった風に歩き出した私。
見事に迷ってしまったではないか…。

あらためて地図を確認してみると、イタリア広場からは放射線状に何本も道が延びている。
これでは迷ってしまうのも無理はなかった。
今一度目的地をしっかり確認して、しかるべき通りを歩き始めた。

さて、イタリア広場に来た目的というのは何か?
私は映画を見ようとしているのである。
昨日、シネマテークで「戦艦ポチョムキン」を鑑賞し、パリで「何か映画を観る」の目的は達成済み。
しかし、この近くには是非とも行ってみたい映画関連施設があったのである。

食べたところ
ここで食べました

その前に…。
おなかが空いてきたので、お昼をとることにした。
しかし、どこで食べることにしようか?
私はかなりの時間、通りを右往左往していた。いつもそんな感じである。
結局、"L'Entracte"というところに入ってハンバーガーを食べた。
オーダー時、肉の焼き加減を尋ねられた。
"cuisson(焼く)"と言う単語が聞き取れたので、状況から肉の焼き加減であるとわかったのである。
たまにはレアでオーダーしてみようか。
はて、「レア」はフランス語で何というのだっけ…?

食べたもの
食べたもの

私「セ、セ、セ…」
店員「saignant?」
私「ウィー、ウィー」
というなんとも情けないやりとりで何とかわかってもらえた…。
saignantは英語だと「ミディアム・レア」ということである。
ハンバーガー(フリット付き)とビール「1664」とで25.50ユーロである。
1664は爽やかな柑橘系の味がしてビックリしたが、何のことはない。レモンのスライスが入っていた。

焼き具合
saignantの焼き具合

食べました
完食

満腹になったところで私はこのカフェの隣の建物に向かった。
ここが今回の目的地「パテ・ジェローム・セドゥ財団」のビルである。
「パテ」というのはフランスの映画会社の名前である。
また、「ジェローム・セドゥ」というのはフランスのメディア王でパテ社を買収した人物の名である。
このジェローム・セドゥという人は今をときめく女優レア・セドゥの祖父にあたる。
建物のファサードはかなり立派であるが、これはかのロダンが若き日に手がけたものであるという。
中に入ると、雰囲気は一変する。そこはレンゾ・ピアノによるモダンな建築空間である。

ファサード一歩入るとこんな感じ
(左)パテ・ジェローム・セドゥ財団のファサード
(右)ファサードをくぐると、レンゾ・ピアノによる奇抜な建物が

この施設の地下で無声映画を中心にパテ社のフィルムが多数上映されている。
そのことを知った私は、適当な時間に上映される作品を渡航前にインターネットで予約していた。
その控えをプリントアウトした紙を受付で提示すると、親切に応対してくれた。
上映までまだ時間があるので、奥のカフェで休んでもいいし、上階の展示室も見られますよとのこと。
実は私。先ほどのハンバーガーを割と急いで食べた。上映時間に間に合わないと思ったのである。
だが、私の全くの勘違いであった…。なんと上映時間までまだ1時間以上も時間があったのだ…。
何でこんな勘違いをしてしまったのか。とにかく上階の展示室に行ってみることにした…。

地上階
地上階。奥の中庭がカフェになっている
nice!(98)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

nice! 98

コメント 7

coco030705


こんばんは。
美味しそうなハンバーガーですね!ちゃんと肉の焼き加減まできいてくれるとは、すばらしい。いい肉を使っている証拠。M社のハンバーガーとはまったくちがいますねぇ。

ところで、女優レア・セドゥって、すごいお嬢さんだったんですね。パテ・ジェローム・セドゥ財団のファサードにロダンの彫刻とは!さすがパリです。内部もステキ、行ってみたいです。どんな作品をご覧になったか、次の記事を楽しみしています。

=^_^=
by coco030705 (2018-09-30 01:15) 

ぴーすけ君

ガッツリお肉いっぱいですね、美味しそうです。
by ぴーすけ君 (2018-09-30 11:03) 

ニッキー

ハンバーガーのパテ、ほぼレアに見えますが
これがフランスのミディアムレアなんですねぇ( ^ω^ )
分厚いパテがとても美味しそうです=(^.^)=
by ニッキー (2018-09-30 11:23) 

りんこう

coco030705 さん、こんにちは!
そうですね。考えてみれば、ハンバーガーでお肉の焼き方を聞いてくるなんて。
私はハンバーガーと言えばM社のを食べることがほとんどなんで…。
値段もM社のモノとはだいぶ違いますが、おいしかったですよ。
次回は上階の展示内容と鑑賞した映画について記事にする予定です。

ぴーすけ君さん、こんにちは!
ふらりと入ったお店で何か注文して食べる。
旅の醍醐味のひとつと言えますが、結構難しいんですよね…。

ニッキーさん、こんにちは!
僕もレアのつもりだったんですよ。
帰国後に調べたら"saignant"は「ミディアム・レア」にちかいようです。
超レアだと"bleu(青)"という言い方になるようです。
判断が難しいところではありますが。
by りんこう (2018-09-30 12:05) 

テリー

パリで、一人旅の時は、M社のハンバーガーが多いです。
簡単なので。相方と一緒の時は、相方が、レストランをネットで、あらかじめ調べています。
by テリー (2018-10-02 17:35) 

旅爺さん

外国では片言の英語とジェスチャーも役に立ちますね。

by 旅爺さん (2018-10-02 20:13) 

りんこう

テリーさん、こんにちは!
僕も初めてパリを訪れたとき、マクドナルドで食べましたよ。
レ・アール地区にあるイノサンの泉の近くだったと記憶しています。
最近はスーパーで何か買って済ますということも多いです。
アジアでコンビニが定着している国なんかではカップ麺で済ませたりとか。
それはそれで結構おもしろいことだと思います。

旅爺さん、こんにちは!
今回はあえてフランス語を試してみることにしました。ちょっと勉強していたので…。
台湾とかだと英語でいいものか躊躇してしまったりもします…。
by りんこう (2018-10-06 12:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます